レビトラのジェネリック医薬品であるバリフ

EDは男性にとって大きな自信損失につながる問題です。
そんなEDを治療する薬として2番目に開発されたのがレビトラという薬です。
レビトラはバルデナフィルという有効成分を主成分としており、EDの代表的な症状である勃起不全や勃起力不足などを解消してくれます。
バルデナフィルの大きな特徴は2つあります。
一つ目が即効性に優れているという点です。
通常バイアグラでは服用後45分以上はかかるとされており、性行為の一時間前に服用することが推奨されています。
一方バルデナフィルは即効性があるので、服用からわずか15分で効果が現れ始め、30分も経てば確実な効果が実感できるのです。
この特徴から、性行為の直前に服用しても十分な効果が得られるというメリットがあり、服用のタイミングを気にする必要がありません。
そして二つ目が食事の影響を受けにくいという特徴です。
バイアグラなどの治療薬は食事の影響を受けやすく、食後に服用することで効果が半減してしまうというデメリットがありました。
しかしバルデナフィルは食事の影響を受けにくく、食後に服用してもしっかりと効果が得られます。
そのため空腹での性行為を強要されることなく、自然な流れで性行為に臨めるというメリットがあるのです。
ところでこのバルデナフィルを主成分としたジェネリック医薬品があるのをご存知でしょうか。
それがバリフという薬です。
このジェネリック医薬品の特徴は、何と言ってもその価格にあります。
レビトラが1錠あたり1000円前後で取引されている中、バリフは1錠あたりたったの250円程度で取引されているのです。
しかもほとんどの医薬品が有効成分10㎎という少量タイプから販売されている中、バリフは20㎎から販売されているため、軽症患者にとっては少し効き目が強すぎる可能性があります。
そこでピルカッターなどで半分に割って服用することが可能となり、その場合更なるコストダウンが見込めるというわけです。
コストパフォーマンスに長けているバリフですが、注意しなければならないこともあります。
それは偽物の流通です。
レビトラのように日本で認可されて医療機関で処方してもらえる医薬品とは違い、日本では認可されていないジェネリック医薬品となりますので、購入方法はインターネットで個人輸入するしかありません。
その時に悪質な輸入代行業者を利用してしまうと、偽物を購入してしまう可能性もあるので、業者選びは慎重に行う必要があるのです。
また心疾患や脳疾患などの禁忌事項もいくつかありますので、医師に相談できない個人輸入では自分自身でしっかりと確認し、重篤な副作用を起こさないようにしなければなりません。
バリフは安価で簡単にED治療ができる画期的なジェネリック医薬品ですが、信頼できる輸入代行業者を選ぶという点と、用法用量をしっかり守るという点に注意が必要なります。
これらの事柄を念頭に置いて、健全で快適な性生活を送っていきましょう。